カードローンは自分にあったサービスと計画性が大切

カードローンは日々進化しています。大手消費者金融では、インターネット上で申し込み受付して即日融資は当たり前になってきていますし、初回借り入れ時には無利息期間が設定されていることもあります。各社サービスの向上に取り組んでおり、利用者のニーズに合わせたサービスを導入しています。

大手消費者金融でも会社によってサービスは異なります。例えば、プロミスでは利用状況によってポイントが付与されるサービスがあり、ポイントが貯まると一定期間無利息にできたり、手数料を減じたりできます。ポイントサービスは他社にはないもので、既存の利用者に対する還元というプロミスの考え方を感じることができます。

在籍確認がないカードローン

hoshd

また、借入れ金額が50万円以下で書類に不備がない場合には、勤め先への在籍確認を行わない会社もあります。現在の他社借入れ件数や総額によっては必ずしも、そうでない場合もありますが、利用者のことを考えた対応だと言えます。ネット上の申請、書類提出のみで融資実行まで完結できる会社も増えてきています。

このように、一見するとどこへ申し込みしても大差ないように見えるカードローンですが、しっかり調べると違いは少なくありません。借入れを希望するときには、お金を借りることを優先して考えるがあまり、他社との比較がおろそかになりがちです。しかし、お金を借りてから返済するまでがカードローンですので、しっかりと返済の計画を含めた比較を実施することは非常に大切なことです。

カードローンの返済を銀行引き落としでした方が遅延しないという性格の方もいるでしょうし、銀行引き落としにカードローンの履歴を残したくない方もいるはずです。返済額の引き落としが特定の銀行でしか対応できないこともありますので、事前の確認は必須です。返済は長い期間続きます。細かいことのようですが、細かいことの積み重ねで、結果は大きく変わることもあります。

総量規制について

総量規制という法律によって、年収の3分の1以上の借り入れが禁止されています。これは消費者金融などの貸金業者に適応されていて、銀行系のカードローンには適応されません。

そのため総量規制対象外の借り入れを希望の場合は総量規制対象外の銀行カードローンがオススメです。

総量規制とは、金融業者の過剰貸し付けを防ぐ「貸金業法」の法律のひとつです。これにより、「貸金業者」は年収の3分の1以上の貸付けが禁止されていま

引用 総量規制対象外のカードローンの参考サイト

人それぞれお金が必要となる理由や、金額、返済の計画は異なります。自分自身にあった会社を選ぶことが、将来の返済も含めたカードローンの適切な選び方だと言えます。

借入の際の審査について

消費者金融でのキャッシングから銀行のカードローンまで、どのような場合でもお金を借りる際には審査が行われます。

ここで「貸付を行なってしっかりと返済してくれる人間かどうか」を確認して、返済が可能と見られれば貸し出しが行われるというわけです。

この審査においてどこを見られるかというのは、基本的には企業秘密であり一般人が知ることはできません。なので一般的な、という注釈をつける必要がありますが、簡単に審査内容について説明してみたいと思います。

信用情報と現在の収入

審査で見られるのは大きく分け現在の収入と過去の信用情報の二つです。

当たり前の話ですが、収入がなければお金を返すことができないのは当然なので、月々の返済額をしっかりと払えるだけの収入があるかというところをまず見られます。仮になかったとしても両親などが保証人になったり、延滞したいに支払える担保があれば借りることができる場合もあります。

次に見られるのが、過去の金融関係の履歴である信用情報です。ここには携帯の月賦払いなどを含めてありとあらゆる記録が残っており、現在の借入金額や返済状況なども記録されています。

sei
審査の際にこれをどうやって見るかというのは企業や担当者によって変わってくるので難しいのですが、自己破産や債務整理などを行った過去があれば問題ありとして審査で落とされるのが一般的です。

他の企業からの借金は微妙で、追加で融資を受けても月々の返済が可能であると判断されるのであれば貸し出しが行われることがありますし、銀行など審査が厳しい場所からの借入だと「審査が厳しいあの会社から借入を行なっている」という事で、むしろ審査ではプラスに働く、という説もあります。

何にしろこの2つを借入の前に審査して問題がなければ契約と言う事になります。

カードローン、キャッシングの便利な点について

私がカードローンやキャッシングの便利だと思っている点についてお話しさせていただきたいと思います。

私は日常の買い物などの時には、クレジットカードを使います。従い、基本的にはあまりカードローンやキャッシングは利用しません。

それでも、クレジットカードでは対応が出来ない場合というのが、日常生活の中においては起こるものです。
例えば、インターネットオークションなどで、個人出品されているものについてはクレジットカードを使えない場合があります。

また。中古品を扱っている専門店、例えば釣具、車のパーツ、古本などのお店でもクレジットカードは使えず、現金のみの取り扱いというケースも珍しくありません。得てして、こういうお店で見つける商品というのはレア物、掘り出し物だったりします。

omocyae

すぐに買わないと、他の誰かに買われてしまい、二度と買えるチャンスに巡りうことはない場合があります。

手元に資金があれば良いのですが、そうでない場合には、カードローンやキャッシングはとても有効な手段となります。初めて利用する場合でも、午前中の早い時間に申し込めば、その日のうちに融資を実行してくれるカードローン会社もたくさんあります。

返済の利便性

返済方法も銀行のATMやコンビニのATMが使えますからとても便利です。繰り上げ返済なども柔軟に対応してくれる会社がほとんどですので、資金に余裕が出来た時はこまめにお金を返すと金利も節約できます。

二度目からの利用の場合は、契約した借入限度額以内であれば、即日融資は全く問題ありません。手続きとしては、自分の預金口座からお金を引き出すのと同じくらい、簡単な手続きで済みます。借り入れもスピーディーに出来ますし、銀行やコンビニのATMで借り入れが出来るので、急にレア物や掘り出し物を見つけた時でも資金の確保は難なくできます。カードローンやキャッシング、上手に使うととても便利ですので、是非、お試しください。

専業主婦でも借りれるカードローン

キャッシングやカードローンは専業主婦でも借りれるのです。

専業主婦でも借りれる金融機関は、銀行系のカードローンとなります。

銀行系のカードローン商品においては、専業主婦でも借りれると宣伝している場合が少なくありません。
借り入れできる金額も、多くは数十万円と、十分な限度額を与えられます。

専業主婦がお金を借り入れる場合は、旦那の収入から返済することとなりますので、旦那さんと相談してから借り入れるケースがほとんどです。
借り入れ方法ですが、インターネットや電話からでも可能となっています。

時間のある時に、インターネットから銀行カードローンサイトに接続し、申し込みフォームに記入して申し込みを行います。

seng
金融機関によっても異なりますが、申し込みを終えた後に審査がなされ、郵送による書類送付や本人確認がおこなわれます。
後日カードが発行されますので、そのカードを用いてATMから借り入れと返済がおこなえます。

専業主婦でも借りれる金融機関は銀行系

専業主婦でも借りれる金融機関は銀行系ですが、銀行系のカードローンは金利が低く設定されているために、おすすめです。
ATMが営業時間内であれば、カードを用いていつでもお金を用意できるために、買い物途中に困った時などに活用ができます。
専業主婦ならでは、家計のため、子供のため、食費にとお金が必要になるケースが多いです

そんな専業主婦に向けた、専業主婦でも借りれるカードローンサービスですから、もしもの時には利用をしたいですね。
返済方法は、一括返済や分割返済など、期間を選べるために無理のない返済ができるのでとても便利です。

主婦の方に総量規制で増額出来なかったら銀行カードローン

カードローンをすでに契約をしていて、持っているカードローンの借入限度額をすでに使い切っていた場合は、新たにカードを契約するよりも、今のカードの借入限度額を増額してもらった方が、新規の契約の手続きはしなくていいし、返済日も増えません。

しかし増額を断られる場合があります。

ずっと真面目に返済をして来て、何で増額してもらえないのかと怒りたくなりますが、総量規制で年収の3分の1までしか借りられなくなっていたら、もう貸してもらえません。

総量規制対象外からの融資

それで総量規制対象外のところから借りる必要が有ります。

それならば銀行カードローンです。銀行カードローンなら総量規制対象外だから貸し出し制限は無いです。だから借りることは可能です。

mizuho

ただ銀行カードローンも審査が有ります。審査も貸金業者よりも厳しいです。それでも総量規制対象外だから、収入証明書を提出しなくても借りられます。銀行カードローンを借りる時に気になるのが保証会社の存在です。

保証会社は、返済出来なかったら代わりに弁済するところと考えていられますが、大手銀行の保証会社は消費者金融がやっています。

 

だから消費者金融から借りられないほど借りているのがばれてると心配してしまいますが、それは気にすることないです。返済能力があると判断されれば貸してくれます。重要なのは借金の額より毎月の返済額です。

複数借りていて毎月の返済が大変ならば、銀行は貸してくれませんが、借りているのが1社か2社ぐらいでしたらさほど問題が無いです。

借りられないと思わずに銀行カードローンンを申し込んでみることです。