カードローンは自分にあったサービスと計画性が大切

カードローンは日々進化しています。大手消費者金融では、インターネット上で申し込み受付して即日融資は当たり前になってきていますし、初回借り入れ時には無利息期間が設定されていることもあります。各社サービスの向上に取り組んでおり、利用者のニーズに合わせたサービスを導入しています。

大手消費者金融でも会社によってサービスは異なります。例えば、プロミスでは利用状況によってポイントが付与されるサービスがあり、ポイントが貯まると一定期間無利息にできたり、手数料を減じたりできます。ポイントサービスは他社にはないもので、既存の利用者に対する還元というプロミスの考え方を感じることができます。

在籍確認がないカードローン

hoshd

また、借入れ金額が50万円以下で書類に不備がない場合には、勤め先への在籍確認を行わない会社もあります。現在の他社借入れ件数や総額によっては必ずしも、そうでない場合もありますが、利用者のことを考えた対応だと言えます。ネット上の申請、書類提出のみで融資実行まで完結できる会社も増えてきています。

このように、一見するとどこへ申し込みしても大差ないように見えるカードローンですが、しっかり調べると違いは少なくありません。借入れを希望するときには、お金を借りることを優先して考えるがあまり、他社との比較がおろそかになりがちです。しかし、お金を借りてから返済するまでがカードローンですので、しっかりと返済の計画を含めた比較を実施することは非常に大切なことです。

カードローンの返済を銀行引き落としでした方が遅延しないという性格の方もいるでしょうし、銀行引き落としにカードローンの履歴を残したくない方もいるはずです。返済額の引き落としが特定の銀行でしか対応できないこともありますので、事前の確認は必須です。返済は長い期間続きます。細かいことのようですが、細かいことの積み重ねで、結果は大きく変わることもあります。

総量規制について

総量規制という法律によって、年収の3分の1以上の借り入れが禁止されています。これは消費者金融などの貸金業者に適応されていて、銀行系のカードローンには適応されません。

そのため総量規制対象外の借り入れを希望の場合は総量規制対象外の銀行カードローンがオススメです。

総量規制とは、金融業者の過剰貸し付けを防ぐ「貸金業法」の法律のひとつです。これにより、「貸金業者」は年収の3分の1以上の貸付けが禁止されていま

引用 総量規制対象外のカードローンの参考サイト

人それぞれお金が必要となる理由や、金額、返済の計画は異なります。自分自身にあった会社を選ぶことが、将来の返済も含めたカードローンの適切な選び方だと言えます。