借入の際の審査について

消費者金融でのキャッシングから銀行のカードローンまで、どのような場合でもお金を借りる際には審査が行われます。

ここで「貸付を行なってしっかりと返済してくれる人間かどうか」を確認して、返済が可能と見られれば貸し出しが行われるというわけです。

この審査においてどこを見られるかというのは、基本的には企業秘密であり一般人が知ることはできません。なので一般的な、という注釈をつける必要がありますが、簡単に審査内容について説明してみたいと思います。

信用情報と現在の収入

審査で見られるのは大きく分け現在の収入と過去の信用情報の二つです。

当たり前の話ですが、収入がなければお金を返すことができないのは当然なので、月々の返済額をしっかりと払えるだけの収入があるかというところをまず見られます。仮になかったとしても両親などが保証人になったり、延滞したいに支払える担保があれば借りることができる場合もあります。

次に見られるのが、過去の金融関係の履歴である信用情報です。ここには携帯の月賦払いなどを含めてありとあらゆる記録が残っており、現在の借入金額や返済状況なども記録されています。

sei
審査の際にこれをどうやって見るかというのは企業や担当者によって変わってくるので難しいのですが、自己破産や債務整理などを行った過去があれば問題ありとして審査で落とされるのが一般的です。

他の企業からの借金は微妙で、追加で融資を受けても月々の返済が可能であると判断されるのであれば貸し出しが行われることがありますし、銀行など審査が厳しい場所からの借入だと「審査が厳しいあの会社から借入を行なっている」という事で、むしろ審査ではプラスに働く、という説もあります。

何にしろこの2つを借入の前に審査して問題がなければ契約と言う事になります。